Install Theme

プロジェクトマネジメントツール

いま以下のツールをグループで使っている.

  • Asana
  • Basecamp
  • ChatWork
  • GitHub

他にコミュニケーション用として以下のツールを使っている.

  • Facebook
  • Google Hangout
  • LINE
  • Skype
  • SMS/MMS/iMessage
  • メール
  • 電話

ファイルの共有には以下のツールも使う.

  • Dropbox
  • Google Drive

個人のタスクは OmniFocus で管理している.

明らかにクレイジーだ.なんとかしたい.

Appleすげー.

ベータ版のXcodeを立ち上げるとライセンスアグリーメントのダイアログが出てくるのは予想の範疇なんだけれど,まさかclangをコマンドラインで叩いても同じことさせられる(しかもコマンドラインで解決できる)とは思わなかった.

My September 11th

その日はトルコのゲミレル島という無人島で仕事をしていた.

晩御飯を食べにフェティエという街に戻ってみると,TVの臨時ニュースがワールドトレードセンターに飛行機が突っ込むシーンを繰り返し流していた.なぜかBGMが付けられている.アナウンサーが何かしゃべり,その後日本赤軍の映像が流れた.よくわからないうちに,再びワールドトレードセンターの映像が流れる.もちろんBGM付きで.

僕はトルコ語を3語しか知らないので(その三つとは水,ヨーグルト,ビールだ),英語の出来る友人にニュースの内容を聞いてみた.それはあまりにも突飛な内容だったので,理解するにはかなりの時間がかかった.彼が言うには,ワールドトレードセンターが攻撃を受けた,攻撃を仕掛けたのは日本人だ.我々はそれを好意的に受け取っている.よくやった

結局僕は,帰国するまで9.11テロの犯人は日本人だと思っていた.

そしてトルコ人はどこまでも親日的なのであった.

ファシリテーションとファシリテーションごっこ

初対面のメンバーが集まって,アイディアを出しあい,具現化していくことはなかなかチャレンジングなことだ.意図的に設計されたそのような場で,僕自身がその設計を成功と感じたことはこの数年で3回しかなく,かなり良いと思ったのも含めても4回しか無い.駄目だと感じたものは10回以上あるだろう.僕自身がそのような場の設計をしたことが無いので,このような批評はいささか不当に過ぎるかもしれないが,参加者からの声を残すことも重要と思い書き記す.

Unreasonable Kyoto (2013), TechCrunch Hackathon Osaka (2014), Art Hack Day (2014) がその三つで,Party of Future (2014) がこの三つに極めて近い.三つあるいは四つの成功例が,他の悲しい経験と比較して際立っているのは,設計者が非常に明確に議論と談論を区別していることだ.議論には議決があるが,談論にはそれがない.よく設計された場では,議論の時間と談論の時間が区別されている.一方で悪い設計の場合は,議論の時間そのものが無い.さらに悪いことに,設計者が議論と談論の区別を無視し,談論を持って「議論した」と主張する場合すらある.「議論する」とは議決を求めることであって,談論風発は議論の本質と関係ない.

と,僕はTEDx関係者に声を大にして叫ぶ.

Real Time Analytics